FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1日目 出発

僕の名前は『イソミ』。
これから『ジョウト』地方でポケモントレーナーとなり、冒険を始める。
その出発地点がワカバタウンである。
風の吹く町といわれるとおり、常に風が吹いておりいかにも涼しそうである。

自分の部屋から階段を下りると、おかあさんにはなしかけられる。
ウツギ博士がポケモン研究所で待っているとのこと、なのでとりあえずいってみることに。
研究所は家のとなりにあり、すぐにいける。
博士に会うと、いきなりお使いを頼まれたが、ポケモンを頂くことができた。
その時に僕が選んだポケモンは『ヒノアラシ』。
これからの長い旅を、ヒノアラシと一緒に過ごすことになる。

おつかいは、ポケモン爺さんから『タマゴ』を預かってくること。
早速僕は、29番道路→ヨシノシティ30番道路→ポケモン爺さんの家、という道のりで向かった。
ポケモン爺さんの家では、爺さん以外に、オーキド博士もいて、電話番号交換もした。
さて、お使いも終わり、ウツギポケモン研究所に戻ることにした。
戻ろうとした時、ウツギ博士から電話が鳴り、何かよくわからないことを言っている。
急いで戻ろうとしたその矢先、赤髪の少年とぶつかり、ポケモンバトルとなる。
まぁ、軽く倒して、ウツギ博士のもとにかえると、なぜか警察のおじさんがいる。。。

「えっ、僕何もしていません!」

いきなり、警察のおじさんから疑われたものの、コトネが僕の無実を証明してくれた。
とにもかくにも、タマゴを預かってきたのでそれを博士に渡し、お使い終了。

さて、次の目標は第一のポケモンジムリーダーへの挑戦である。
とりあえず、レベルを上げながらキキョウシティへと向かった。
キキョウシティでは、まず、マダツボミの塔に挑戦した。
これを難なくクリアし、いよいよジムリーダーに挑戦。
相性が良かったのか、これを苦労なく撃破した。

次の目標は、ヒワダタウン。
途中にあるアルフの遺跡によって、アンノーンを何匹か捕まえた。
全種類捕まえたいところだが、根気が続かないので、さっさとヒワダタウンへと向かった。

この続きは、また次回^^ノシ

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。